カリキュラム

カリキュラム

キッズガーデンの英語は何が違うの?
世界のプロが集結!
言語教育をはじめ、様々な分野の専門家たちが、世界的にみても貴重な成功例といわれている「母国語のように身につけていく英語のカリキュラム」を作り上げてきました。つまり、日本の子供たちは日本語を覚えたように英語を身につけていくわけです。
このカリキュラムでは、1レッスンの97%をヒアリングとスピーキング力の育成に注ぎながら、読み、綴り書きのバランスが自然に整えられていきます。私たちが知っている従来のカリキュラムとは根本的に異なります。
ENGLISH SCHOOL
幼児教育の中で育つ本物の英語!
「無理なく楽しい反復学習」がレッスンの基本。
子どもたちは語彙と言語機能を直接学びながら、適切な時制や文法、英語の基本構文などを間接的に身に付けてしまいます。
子ども達だけが持つ驚異の吸収力。まずは素晴らしい発音から脱帽してしまいます。
大きな違いのポイントはここ!
優先順位で学ぶ語彙と表現
一般的には800〜1,000後で1日の生活に使われるほとんどのすべての会話が成り立っています。
さらに、英会話の74%がたった160の単語で成り立っていることをご存知ですか。
どの語彙を選んで教えるかは、限られた時間内で最大限の効果を上げるための重要ポイントです。
このカリキュラムの緻密さの一つです。
ENGLISH SCHOOL
日本語を覚えたように
実際に経験する155を想定して、そこで使われる412を成長に合わせて段階的に導入していきます。
そんな実用的な英語の「テンプレート」を何度も繰り返し聞いて覚えながら、考えを無意識に処理してコミュニケーション能力に変える力を養います。
ここでは、文法をベースにその構造を教えることは一切ありません。
ENGLISH SCHOOL
私たちの英語環境をカバーする
バイリンガルになるためには、毎日最低2時間それを習得する言語環境が必要と言われています。
この「現実」と「英語を話せるようになるための時間」のギャップを埋めることがREP教材です。
英会話スクール キッズガーデンでは、外国人講師のスタンダートクラスと、日本人講師のREPクラスを定着させ、より効果的な学習指導を行なっています。
あっという間に見せ始める抜群の発音力とともに、子ども達は確実にコミュニケーション能力を養っていきます。